紛争化させられる過去 : アジアとヨーロッパにおける歴史の政治化

橋本伸也編

この本の情報

書名 紛争化させられる過去 : アジアとヨーロッパにおける歴史の政治化
著作者等 Jarausch, Konrad Hugo
原 佑介
塩川 伸明
山室 信一
平野 千果子
早瀬 晋三
林 志弦
橋本 伸也
立石 洋子
藤川 隆男
Bogumił , Zuzanna
Mertelsmann, Olaf
吉澤 賢
李 昭永
福元 健之
Костяшов, Юрий
書名ヨミ フンソウカ サセラレル カコ : アジア ト ヨーロッパ ニオケル レキシ ノ セイジカ
出版元 岩波書店
刊行年月 2018.3
ページ数 xiii, 318p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-061257-9
NCID BB25879187
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
20世紀の困難な過去をめぐるポーランド人と隣人との紛争と対話 ズザンナ・ボグミウ, 福元健之
「笑いを真面目に受けとめる」 : 韓国の植民地/独裁期の過去についてのジョークを規制する記憶政治 イ・ソヨン (李昭永), 橋本 伸也
オーストラリアの「歴史戦争」 : 新自由主義の代償 藤川 隆男
グローバルな記憶空間と犠牲者意識 : ホロコースト、植民地主義ジェノサイド、スターリニズム・テロの記憶はどのように出会うのか イム・ジヒョン (林志弦), 原 佑介
フランスにおける植民地支配の過去と記憶 : 法制化をめぐる議論から 平野 千果子
批判的記憶をめざして : ヨーロッパのなかでのドイツの事例 コンラート・ヤーラオシュ, 橋本 伸也
旧東プロイセンにおけるソ連/ロシアの記憶の政治 : 要因と傾向、およびその結果 ユーリー・コスチャショーフ, 立石 洋子
東南アジアからみた靖国問題 : 表面化させない「紛争」 早瀬 晋三
歴史・記憶紛争の歴史化のために : 東アジアとヨーロッパ 塩川 伸明
歴史戦争と歴史和解の間で : 戦士と調停者の二重性をめぐって 山室 信一
矛盾した記憶あるいは過去の歴史化 : エストニアの歴史家にとっての挑戦 オラフ・メルテルスマン, 吉澤賢
過去の政治化と国家間「歴史対話」 : ロシアと周辺諸国との二国間歴史委員会の事例から 橋本 伸也
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想