ことばを教える・ことばを学ぶ : 複言語・複文化・ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)と言語教育

泉水浩隆編

この本の情報

書名 ことばを教える・ことばを学ぶ : 複言語・複文化・ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)と言語教育
著作者等 中川 慎二
古石 篤子
吉田 研作
境 一三
太田 達也
木村 護郎クリストフ
柿原 武史
江澤 照美
泉水 浩隆
真嶋 潤子
茂木 良治
落合 佐枝
藤原 三枝子
西山 教行
書名ヨミ コトバ オ オシエル・コトバ オ マナブ : フクゲンゴ・フクブンカ・ヨーロッパ ゲンゴ キョウツウ サンショウワク(CEFR)ト ゲンゴ キョウイク
書名別名 ことばを教えることばを学ぶ : 複言語複文化ヨーロッパ言語共通参照枠CEFRと言語教育

2017年度南山大学地域研究センター共同研究
シリーズ名 南山大学地域研究センター共同研究シリーズ
出版元 行路社
刊行年月 2018.3
ページ数 348p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87534-390-5
NCID BB25849288
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
A・ドーデ作「最後の授業」の謎 : 言語とアイデンティティ 古石 篤子
CEFRの国内外の日本語教育へのインパクト 真嶋 潤子
これからの日本の外国語教育の方向性 : 英語教育を中心に 吉田 研作
ヨーロッパ言語共通参照枠と異文化間コミュニケーション能力 : 言語教育における市民権の意味を考えるために 中川 慎二
多言語国家スペインにおける地域言語と外国語教育 : 公教育における言語の扱い 柿原 武史
日本における第二外国語としてのスペイン語授業のための「めやす」作り : 学習項目リストとしての「めやす」から言語運用のための「めやす」へ 落合 佐枝
日本のドイツ語教育に必要な変革は何か 太田 達也
日本のフランス語教育へのCEFRの影響について : 受容状況と今後の展開に関する一考察 茂木 良治
日本の外国語教育の新たな姿を求めて : ヨーロッパの言語教育から学ぶ 境 一三
異文化理解のためのスペイン語教育 江澤 照美
第二外国語を学ぶ意義とは何か : 日本における第二外国語教育をめぐって 泉水 浩隆
複言語・異文化間教育から考える「グローバル人材」の異文化観 西山 教行
複言語・複文化主義とベルリン州立ヨーロッパ学校の教育 : お互いから・お互いのために・お互いに学び合う 藤原 三枝子
言語が異なる人と何語でどのように話すのか : お互いの言語を使う意義と方法について 木村 護郎クリストフ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想