「太陽の塔」新発見! : 岡本太郎は何を考えていたのか

平野 暁臣【著】

いま明かされる知られざる真実「太陽の塔」内部、ついに公開!カラー口絵新規撮影。「太陽の塔という奇跡」その物語がここに!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ベラボーなものを!-思想編(じつは「大阪万博のシンボル」ではなかった!?
  • 「観衆を集めろ、ただし留まらせるな」という矛盾する要請 ほか)
  • 第2章 実現への気概と冒険心-実務編(原型の"黄金の顔"は鍋のフタだった
  • 建設にゴーサインを出した"影の総理"の一声とは ほか)
  • 第3章 "生命の樹"は太陽の塔の"血流"だ-展示編(じつは性にあっていた、プロデューサー太郎の手腕
  • 日本版『人間博物館』を実現しようと企てていた ほか)
  • 第4章 宴のあと、そして再生へ-継承編(万博閉幕後、太陽の塔をどうするか
  • 政府は一度、「撤去」の方針を固めていた ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「太陽の塔」新発見! : 岡本太郎は何を考えていたのか
著作者等 平野 暁臣
書名ヨミ タイヨウノトウシンハッケン : オカモトタロウハナニヲカンガエテイタノカ
シリーズ名 青春新書INTELLIGENCE
出版元 青春出版社
刊行年月 2018.4.1
ページ数 249p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-413-04536-0
NCID BB25848004
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想