日本のポスター : 京都工芸繊維大学美術工芸資料館デザインコレクション  3

並木 誠士;和田 積希【編著】;京都工芸繊維大学美術工芸資料館【監修】

明治時代末にヨーロッパからポスターが伝来し、それとともに現代につながる印刷技術とデザインという概念も日本にもたらされました。浮世絵の名残を感じさせる「美人画」的なポスターからより多彩でモダンなポスターへ、明治時代末から大正・昭和初期という、日本のビジュアルデザインが花開いた時代の229点を一挙にご紹介します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論
  • 18時のビール・15時のおやつ
  • 装いの美学
  • 美と健康への誘い
  • 消費社会の訪れ
  • 旅への憧憬
  • 啓蒙の時代・大衆娯楽の時代
  • 戦火の足音
  • 結び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のポスター : 京都工芸繊維大学美術工芸資料館デザインコレクション
著作者等 並木 誠士
京都工芸繊維大学美術工芸資料館
和田 積希
書名ヨミ ニホンノポスター : キョウトコウゲイセンイダイガクビジュツコウゲイシリョウカンデザインコレクション : 3
巻冊次 3
出版元 青幻舎
刊行年月 2018.3.26
ページ数 287p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-86152-656-5
NCID BB25932494
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想