90年代テレビドラマ講義

藤井 淑禎【著】

テレビドラマがもっとも輝いていた時代、それは脚本家が主導権を握っていた時代と言い換えることもできるかもしれない-。『親愛なる者へ』『高校教師』『白線流し』…。野沢尚、野島伸司らによってドラマ界に新風が吹きこまれた九〇年代。かつて「ドラマ学」を提唱した著者が、九〇年代のドラマに光を当て、再評価を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「ドラマ学」の出発
  • 「ドラマ学入門」の頃-『その気になるまで』『君と出逢ってから』
  • NN(野沢・野島)時代の幕開け-『親愛なる者へ』
  • もっとも文学に近づいたドラマ-『高校教師』
  • テレビ革命とドラマ-『青い鳥』『恋人よ』
  • ロケ地めぐり・いまむかし-『若葉のころ』『スウィートシーズン』
  • 伝統につながる-『白線流し』『私の運命』
  • 千秋に続く女性たち-『ひとり暮らし』『彼女たちの時代』
  • トレンディドラマへの注文-『ビューティフルライフ』『ロングバケーション』
  • サスペンスの誘惑-『眠れる森』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 90年代テレビドラマ講義
著作者等 藤井 淑禎
書名ヨミ キュウジュウネンダイテレビドラマコウギ
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2018.3.15
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85871-6
NCID BB25760377
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想