好きになる免疫学 : 「私」が「私」であるしくみ

多田富雄 監修 ; 萩原清文 著

すごーくよくわかる、免疫学の入門書。アレルギーやエイズ、臓器移植の問題まで、楽しいキャラクターたちが、免疫の世界にご案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 免疫のしくみ-何種類もの細胞たちが演じる体内の劇(どうしてカゼが治るのか?
  • 私の敵は数え切れない
  • ハシカに二度かかりにくいのはなぜ?
  • 免疫はどうして自分を攻撃しないのか?)
  • 第2部 病気のしくみ-細胞と細胞とのバランスの乱れとしての病気(アレルギーの話
  • 慢性関節リウマチの話
  • がんと免疫とのせめぎ合い
  • エイズと免疫とのせめぎ合い)
  • 終幕 生命の技法-免疫担当細胞の生い立ちからみた生命の技法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 好きになる免疫学 : 「私」が「私」であるしくみ
著作者等 多田 富雄
萩原 清文
講談社サイエンティフィク
書名ヨミ スキ ニ ナル メンエキガク : ワタクシ ガ ワタクシ デ アル シクミ
出版元 講談社
刊行年月 2001.11
版表示 第15刷
ページ数 158p
大きさ 21cm
ISBN 4061534351
NCID BA5455648X
BA82082838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20217830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想