戦争文化と愛国心 : 非戦を考える

海老坂 武【著】

戦後の厭戦と反戦の雰囲気から、少しずつ、少しずつ、何がどう変わって、いまの日本になったのか。細部に宿る"戦争文化"とたたかうために、私たちに何ができるのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国民学校一年生-言葉を擦り込まれた少年
  • 第2章 戦争文化とは何か
  • 第3章 古い上着よ さようなら
  • 第4章 愛国心の行方
  • 第5章 非戦思想の源流
  • 第6章 兵役拒否と不服従の思想の源流
  • 第7章 非戦の原理から不服従の思想へ
  • 終章 少数の力のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦争文化と愛国心 : 非戦を考える
著作者等 海老坂 武
書名ヨミ センソウブンカトアイコクシン : ヒセンヲカンガエル
出版元 みすず書房
刊行年月 2018.3.15
ページ数 341p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-622-08518-8
NCID BB25787238
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想