黄砂の進撃

松岡 圭祐【著】

清朝末期、満州族に辮髪と纏足を強要されていた漢人は、宣教師にも生活を蹂躙され不満は頂点に達していた。彼らは扶清滅洋の旗印のもと蜂起し、駐在武官・柴五郎らの立て籠もる北京公使館区域に攻め入る。中国近代化の萌芽となった「義和団の乱」の内幕を面白さ抜群に描く、『黄砂の籠城』と対をなす歴史小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄砂の進撃
著作者等 松岡 圭祐
書名ヨミ コウサノシンゲキ
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 2018.3.15
ページ数 361p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 978-4-06-293863-1
NCID BB28445092
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想