ネーデルラント美術の誘惑 : ヤン・ファン・エイクからブリューゲルへ

木川 弘美;今井 澄子;森 洋子;廣川 暁生【著】;石井 朗【企画構成】

ファン・エイクの"ヘント祭壇画"に、ヤン・ファン・エイクの"ロランの聖母"に、ハンス・メムリンクの"聖ヨハネの祭壇画"に、ヒエロニムス・ボスの"聖アントニウスの誘惑"に、ピーテル・ブリューゲルの"バベルの塔"に、ヤン・ブリューゲルの"五感のアレゴリー"に、ネーデルラント美術の誘惑の中に!救済と精緻と魔的と極大と寓意の誘いに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "ヘント祭壇画"が映しだす救済の世界
  • 第2章 ヤン・ファン・エイク"ロランの聖母子"と都市描写の伝統
  • 第3章 ハンス・メムリンク"聖ヨハネの祭壇画"のメッセージ
  • 第4章 聖アントニウスを囲む魔術師たち-ヒエロニムス・ボス"聖アントニウスの誘惑"を読みとく
  • 第5章 ピーテル・ブリューゲルのウィーンの"バベルの塔"を詳察する
  • 第6章 "五感のアレゴリー"-ヤン・ブリューゲル(父)とペーテル・パウル・ルーベンスの華麗なる共作

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネーデルラント美術の誘惑 : ヤン・ファン・エイクからブリューゲルへ
著作者等 今井 澄子
廣川 暁生
木川 弘美
森 洋子
石井 朗
書名ヨミ ネーデルラントビジュツノユウワク : ヤンファンエイクカラブリューゲルヘ
シリーズ名 北方近世美術叢書
出版元 ありな書房
刊行年月 2018.3.20
ページ数 290p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7566-1859-7
NCID BB2595387X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想