日中戦争開戦後の文学場 : 報告/芸術/戦場

松本 和也【著】

昭和一二年七月七日の日中戦争開戦以降、主にはその直接的・間接的な影響によって、文学者‐文学作品‐トピック‐その他関連する文学活動にどのような展開(変化)が生じたのか、日中戦争を関数とする時局がどのように関わったのか、また、その帰結としてどのような新たな問題が生じたのかなどについて、文学場の特徴がよく示されたと思しき複数の切り口から検証。そういった一連の問題系を、主には当時の新聞・雑誌上の文学関連言説の、あたう限り広範な調査・分析に即して、言表された限りにおける文学者の言動や作品、評価軸の変動について論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 報告-従軍する文学者/現地報告の眼(「異彩」の特派員・吉川英治-事変報道と新聞連載小説「迷彩列車」を視座として
  • 特異な現地報告-岸田國士『北支物情』・『従軍五十日』の読まれ方
  • 従軍ペン部隊言説と尾崎士郎「ある従軍部隊」-文学(者)の役割)
  • 第2部 芸術-戦時下の芸術/時局へのリアクション(川端康成「高原」連作受容の変遷-日中戦争の長期化/文学場の変容
  • 岡本かの子の軌跡-現役小説家時代の評価から没後追悼言説まで
  • 井伏鱒二を支える"わかる読者"の登場-「多甚古村」同時代受容分析)
  • 第3部 戦場-描かれた戦場/銃後の受容(火野葦平「土と兵隊」の同時代的意義-文学(者)の位置
  • 戦場における"人間(性)"-火野葦平「花と兵隊」序論
  • 戦争(文学)の"実感"-日比野士朗「呉淞クリーク」試論)
  • 補論 研究対象‐方法論再考のために-自己点検としての書評分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日中戦争開戦後の文学場 : 報告/芸術/戦場
著作者等 松本 和也
書名ヨミ ニッチュウセンソウカイセンゴノブンガクバ : ホウコクゲイジュツセンジョウ
出版元 神奈川大学出版会;丸善出版
刊行年月 2018.3.10
ページ数 379p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-906279-13-5
NCID BB25866505
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想