数学の創造 : 著作集自註

ヴェイユ アンドレ【著】<Weil Andr'e>;杉浦 光夫【訳】

20世紀を代表する数学者「アンドレ・ヴェイユ」が、自らの著作につけた註を全訳。新たに新版解説(高瀬正仁氏執筆)を追加した。現代数学が形作られていく姿が描かれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 数学の創造-著作集自註(1926 負曲率の曲面について
  • 1927a‐b 函数空間について
  • 線型汎函数論について
  • 1927c、1928 代数曲線の数論 ほか)
  • 付録・解説(A.Weilをめぐって(谷山豊)
  • A.Weilの印象(谷山豊)
  • ヒルベルトの第十二問題(D.ヒルベルト(谷山豊訳)) ほか)
  • 新版解説(杉浦光夫先生を思う(高瀬正仁)
  • 現代数学史研究会まで
  • 新数学人集団(S.S.S.)の時代 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学の創造 : 著作集自註
著作者等 Weil, André
杉浦 光夫
Weil Andr'e
ヴェイユ アンドレ
書名ヨミ スウガクノソウゾウ : チョサクシュウジチュウ
出版元 日本評論社
刊行年月 2018.3.20
版表示 新版
ページ数 303p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-535-78860-2
NCID BB25785185
BN0077287X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想