東洋思想

秋沢修二 著

[目次]

  • 目次
  • 第一部 東洋思想の諸問題
  • 第一章 東洋思想について / 2
  • 第一節 東洋思想の範圍 / 2
  • 第二節 東洋思想と「直觀」 / 6
  • 第三節 東洋思想と西洋思想-東洋思想の停滯性 / 15
  • 第四節 東洋における科學の獨立性の問題 / 21
  • 第二章 東洋思想の科學性 / 33
  • 第一節 東洋思想の科學性 / 33
  • 第二節 東洋哲學の科學性 / 38
  • 第三節 東洋に於ける無の思想 / 41
  • 第四節 東洋の科學的精神 / 45
  • 第五節 科學性とは何か? / 49
  • 第二部 インド思想
  • 第一章 インド唯物論 / 66
  • 第一節 インド唯物論の形成過程 / 66
  • 第二節 パクダハの唯物論 / 70
  • 第三節 アジタの唯物論 / 74
  • 第四節 チャールヴァーカ-ブリハスパティ / 77
  • 第二章 インド六派哲學 / 87
  • 第一節 インド六派哲學 / 87
  • 第二節 勝論派(ヴァイシェシカ) / 90
  • ミーマーンサー派と勝論派との相違 / 92
  • 六句義 / 94
  • 實驗の範疇 / 95
  • 原子論 / 97
  • 性質の範疇 / 99
  • 業〔活動〕の範疇 / 99
  • 同の範疇 / 100
  • 異の範疇 / 100
  • 和今の範疇 / 100
  • 第三節 正理派(ニャーヤ) / 101
  • 十六句義 / 103
  • 量 / 103
  • 所量〔認識對象〕 / 105
  • 支分 / 106
  • 第四節 數論派(サンキャ) / 108
  • 物心二元論 / 110
  • 自然の展開 / 112
  • 第五節 ヨーガ派 / 116
  • 第六節 ミーマーンサー派 / 117
  • 第七節 ヴェダーンタ派(シヤンカラ) / 119
  • 「梵我一如」の思想の變遷 / 119
  • シャンカラの「梵我一如」 / 121
  • 第三章 佛敎的觀念論 / 125
  • 第一節 原始佛敎の思想 / 125
  • 四聖諦・八正道 / 128
  • 十二因緣 / 130
  • 原始佛敎による「識」の觀念論 / 136
  • 第二節 大乘佛敎の觀念論 / 137
  • 「空」の思想 / 137
  • 唯識論 / 143
  • 第三部 支那思想
  • 第一章 支那唯物論 / 150
  • 第一節 老子の「道」 / 150
  • 第二節 列子の「太易」・「氣」 / 154
  • 第三節 楊朱の唯物論-快樂主義 / 160
  • 第四節 荀子の唯物論-性惡說 / 164
  • 荀子の唯物論 / 164
  • 唯物論の不徹底、觀念論との折衷 / 168
  • 性惡說 / 170
  • 第五節 王充の唯物論 / 172
  • 運命論 / 175
  • 第二章 老莊思想 / 177
  • 第一節 老子の無爲自然 / 177
  • 老子の原始的辯證法 / 180
  • 老子の無爲自然 / 182
  • 關尹・列子・楊朱の無爲自然 / 187
  • 第二節 莊子の思想 / 189
  • 莊子の相對主義 / 191
  • 「道樞」・無差別・物我一體 / 193
  • 無爲自然・虛恬淡 / 195
  • 第三章 儒敎思想 / 196
  • 第一節 孔子の思想 / 196
  • 仁の思想 / 198
  • 德治主義 / 200
  • 第二節 子思の觀念論 / 201
  • 第三節 孟子の觀念論 / 202
  • 性善說 / 202
  • 天人一體の觀念 / 205
  • 第四節 宋學の「格物致知」 / 207
  • 第五節 宋學の觀念論 / 211
  • 張載の氣の一元 / 213
  • 程伊川の理氣二元 / 214
  • 朱子の大極=理 / 215
  • 理と氣 / 218

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 東洋思想
著作者等 秋沢 修二
書名ヨミ トウヨウ シソウ
シリーズ名 三笠全書
出版元 三笠書房
刊行年月 昭13
ページ数 221p
大きさ 16cm
NCID BA43734644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46073633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想