渋沢栄一 : 日本の経営哲学を確立した男

山本 七平【著】

日本でいちばん会社をつくった男・渋沢栄一の経営哲学とは!何が大変革を可能にしたのか!渋沢栄一が指針とした『論語』が果たした役割は!初の単行本化!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 最も注目すべきは渋沢栄一(大経営者「渋沢栄一」ができるまで
  • 「渋沢栄一の十一年間」から学ぶべきこと)
  • 第2章 日本を動かした『論語』の本質は何か(なぜ『論語』だけが日本人に読まれたか
  • 超プラグマティックな思考 ほか)
  • 第3章 老荘の知恵の生かし方(老荘についてはじめて話す
  • 老子の思想を読む ほか)
  • 第4章 日本人への十二戒(一戒-「畏れ」の喪失は「文明」の喪失である
  • 二戒-過ちを犯さぬために歴史を学べ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 渋沢栄一 : 日本の経営哲学を確立した男
著作者等 山本 七平
書名ヨミ シブサワエイイチ : ニホンノケイエイテツガクヲカクリツシタオトコ
出版元 さくら舎
刊行年月 2018.3.10
ページ数 220p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-86581-142-1
NCID BB25896572
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想