地域史研究の今日的課題

中央大学人文科学研究所【編】

[目次]

  • 第1章 庭場と寺社
  • 第2章 二ケ領用水の展開と水争い-溝の口水騒動を素材として
  • 第3章 信濃国中之条代官所陣屋元の寺子屋幸民堂
  • 第4章 青山久保町に見る江戸青物市場の特質
  • 第5章 戊辰内乱の記録-「大館の戦い」における軍功記録の分析
  • 第6章 武蔵国多摩郡連光寺本村の橋梁-「行幸橋」の誕生と意義
  • 第7章 自由民権運動からみる「三多摩」という地域認識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域史研究の今日的課題
著作者等 中央大学人文科学研究所
中央大人文科学研究所
書名ヨミ チイキシケンキュウノコンニチテキカダイ
シリーズ名 中央大学人文科学研究所研究叢書
出版元 中央大学出版部
刊行年月 2018.3.15
ページ数 175p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-8057-5350-7
NCID BB25787872
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想