地域文化観光論 : 新たな観光学への展望

橋本 和也【著】

「地域の人々」が自らの仕方で世界を作り変えるために。観光学にアクターネットワーク理論(ANT)を用いた分析を導入する最新テキストブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「観光学」と「地域文化観光論」:観光学への展望(大衆観光から「地域文化観光」へ:真正性への問いかけ
  • 「地域性」「地域文化」の創造、そして「地域文化観光論」へ:「地域化」と「真正化」
  • アクターネットワーク論(ANT)と「地域文化観光」
  • 「地域文化観光論」と「観光学」:部分と全体との「つながり合い」)
  • 第2部 「地域文化観光」論:地域性、地域文化の創造(「九州ツーリズム大学」の試み
  • 二つのツーリズム大学:「北の観光まちづくりリーダー養成セミナー」と「九州ツーリズム大学」)
  • 第3部 「アクターネットワーク理論」と「地域芸術祭」:「地域化」の過程(「越後妻有 大地の芸術祭」
  • 「地域文化観光」としての芸術祭:「瀬戸内国際芸術祭」と「大地の芸術祭」)
  • 第4部 「交流によるまちづくり」と「地域化」論:まとめ(交流人口を活かす小布施
  • 交流人口の「地域化」
  • 「観光まちづくり」と「地域文化観光」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域文化観光論 : 新たな観光学への展望
著作者等 橋本 和也
書名ヨミ チイキブンカカンコウロン : アラタナカンコウガクヘノテンボウ
出版元 ナカニシヤ出版
刊行年月 2018.2.17
ページ数 243p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-7795-1246-9
NCID BB25740096
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想