批評の魂

前田 英樹【著】

正宗白鳥から小林秀雄に到る己を賭けて独り立つ批評家の血脈とその宿命に肉薄する真情の長篇批評。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 独身批評家として生きること
  • 己を顕わす、ということ
  • 対象を持つ、ということ
  • 批評は、いかにしてその言葉を得るのか
  • 一身にして二生を経ること
  • 紛れる事無く唯独り在る人
  • 己を回顧すること
  • 翻訳文学者たること
  • 魂に類似を観ること
  • 批評が信仰を秘めていること
  • "士大夫の文学"が在ること
  • 批評が系譜を創造すること
  • 天地の間に己一人生てあり
  • 己を顕わして無私に至ること
  • 批評が未完の自画像であること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 批評の魂
著作者等 前田 英樹
書名ヨミ ヒヒョウノタマシイ
出版元 新潮社
刊行年月 2018.3.1
ページ数 323p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-10-351551-7
NCID BB25934707
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想