ヌーヴェル・ヴァーグの世界劇場 : 映画作家たちはいかに演劇を通して映画を再生したか

矢橋 透【著】

ドゥミ、リヴェット、レネ、ゴダール、ロメール、シャブロル、そしてトリュフォー…。新しい波の映画たちは、いかに演劇/劇場としての世界を生きたのか?7人の映画作家たちをめぐる映画と演劇の交錯を問い直す画期的評論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ジャック・ドゥミ-輪舞の世界劇場
  • 第2章 ジャック・リヴェット-世界理解の鍵としての演劇
  • 第3章 アラン・レネ-他者へと開かれる映画
  • 第4章 ジャン=リュック・ゴダール-映画の対部としての演劇
  • 第5章 エリック・ロメール-変転する世界劇場
  • 第6章 クロード・シャブロル-演戯から仮面へ
  • 終章 フランソワ・トリュフォー-『終電車』、そしてヌーヴェル・ヴァーグ映画の演劇性・世界劇場性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヌーヴェル・ヴァーグの世界劇場 : 映画作家たちはいかに演劇を通して映画を再生したか
著作者等 矢橋 透
書名ヨミ ヌーヴェルヴァーグノセカイゲキジョウ : エイガサッカタチハイカニエンゲキヲトオシテエイガヲサイセイシタカ
出版元 フィルムアート社
刊行年月 2018.2.25
ページ数 312,11p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-8459-1714-3
NCID BB25675992
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想