ぼくは虫ばかり採っていた : 生き物のマイナーな普遍を求めて

池田 清彦【著】

生命史38億年の大先輩、小さな昆虫たちが織り成す多様な進化のありさまは、大きな世界の法則を賑やかに語り出す。テレビでも活躍する著者が生き物たちとともに歩んできた研究人生の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人類の進化と少子化
  • 絶滅について考えること
  • iPS細胞がもたらす未来
  • クローン人間の未来予想図
  • ヒトの性はいかに決定されるか
  • さらば、ネオダーウィニズム-生物は能動的に進化している
  • DNAによらない生物の進化
  • 生き返るクマムシ-「配置」と「生命」
  • 美しい理論と現象整合性
  • ダーウィンが言ったこと、言わなかったこと
  • 本能行動の獲得は自然選択説では説明できない-ファーブルによるダーウィン進化論批判
  • 人生というスーパーシステム-多田富雄の仕事
  • 「マイナーな普遍」としての虫の楽しみ
  • 虫採りの風景
  • ぼくは虫ばかり採っていた-構造主義生物学への道
  • 構造主義科学論へのコンセプト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくは虫ばかり採っていた : 生き物のマイナーな普遍を求めて
著作者等 池田 清彦
書名ヨミ ボクハムシバカリトッテイタ : イキモノノマイナーナフヘンヲモトメテ
出版元 青土社
刊行年月 2018.3.6
ページ数 230p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-7917-7052-6
NCID BB25890292
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想