近世フランスの法と身体 : 教区の女たちが産婆を選ぶ

長谷川 まゆ帆【著】

[目次]

  • 序論 身体性の歴史学に向けて
  • 第1章 アルザス南部の事例-紛争の経緯と謎、背景にある地域的特質
  • 第2章 地方長官によるストラスブールの助産術講習会の開設
  • 第3章 隣接事例との比較1-ベルフォール補佐管区の場合
  • 第4章 隣接事例との比較2-ロレーヌ南部ドン・ジェルマンの場合
  • 第5章 渓谷の変容-境界のゆらぎ
  • 第6章 助産技法の変化と助産婦の制度化-場・仕方・人間の関係の再編
  • 結論 「選ぶ自由」の承認と慣習の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世フランスの法と身体 : 教区の女たちが産婆を選ぶ
著作者等 長谷川 まゆ帆
書名ヨミ キンセイフランスノホウトシンタイ : キョウクノオンナタチガサンバヲエラブ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2018.2.23
ページ数 393,94p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 978-4-13-026157-9
NCID BB2569181X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想