描かれた歯痛 : 白と黒、および神経からなる歯科医療挿画

バーネット リチャード【著】<Barnett Richard>;中里 京子;北川 玲【訳】

「歯抜き屋」による稚拙な治療から、今日の無痛治療・美容歯科学へ-その劇的な歴史のすべて。『描かれた病』『描かれた手術』に続く好評第3弾、シリーズ完結!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歯の博物史と古代史
  • 2 中世ヨーロッパの抜歯
  • 3 フォシャールとダンティスト
  • 4 抜歯の啓蒙時代
  • 5 麻酔、抜歯の新時代
  • 6 謎を解く歯
  • 7 成功のほほえみ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 描かれた歯痛 : 白と黒、および神経からなる歯科医療挿画
著作者等 Barnett, Richard
中里 ピニングトン京子
北川 玲
中里 京子
バーネット リチャード
書名ヨミ エガカレタシツウ : シロトクロオヨビシンケイカラナルシカイリョウソウガ
シリーズ名 wellcome collection
出版元 河出書房新社
刊行年月 2018.2.28
ページ数 255p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-309-25585-9
NCID BB25630655
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想