カクレキリシタン

宮崎賢太郎 [著]

信仰の自由が認められている現代、長崎県下には今なお、潜伏時代の信仰を守る人々、カクレキリシタンがいる。だが、彼らは隠れてもいなければ、キリシタンでもない。その信仰世界は、キリスト教と大きく異なり、神や儀礼、唱文などは、日本の伝統的な先祖崇拝や生活と融合し、独自の民俗宗教へと変貌していた-。秘蔵の像や行事の様子など貴重な写真を多数掲載。圧巻のフィールドワークで、知られざる「独自宗教」を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 カクレキリシタンとは何か
  • 第2章 カクレキリシタンの分布
  • 第3章 生月島のカクリレキシタン
  • 第4章 平戸島のカクレキリシタン
  • 第5章 五島のカクレキシリシタン
  • 第6章 長崎のカクレキリシタン
  • 第7章 外海のカクレキリシタン
  • 第8章 カクレキリシタンの解散とその未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カクレキリシタン
著作者等 宮崎 賢太郎
書名ヨミ カクレ キリシタン : ゲンダイ ニ イキル ミンゾク シンコウ
書名別名 現代に生きる民俗信仰

Kakure kirishitan
シリーズ名 角川ソフィア文庫 J123-1
出版元 Kadokawa
刊行年月 2018.2
ページ数 409p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-400350-0
NCID BB25615301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23020267
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想