ウソとマコトの自然学

池田清彦 著

昆虫類のすさまじいまでの減少の理由とは。田舎の里山を保全するための現実的な方策はどこに。メディアと政治のコトバと化した「生物多様性」擁護・懐疑両派の怪しげな言説を問いただし、イキモノと日本各地の自然環境の実像について興味深い事実を数多く紹介しながら、自然を守る本当の手だてを視野広く述べた注目作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生物多様性とは何か(種多様性
  • 遺伝的多様性
  • 生態系多様性)
  • 第2章 生物多様性の保全とは何か(保全論が抱く"都合のよさ"
  • どれを優先するかにつきまとう"好み"の問題
  • 人間非中心主義と人間中心主義 ほか)
  • 第3章 生物多様性と国際政治(ラムサール条約
  • CITESは種の保護のための条約
  • 政治に翻弄される締約国会議 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウソとマコトの自然学
著作者等 池田 清彦
書名ヨミ ウソ ト マコト ノ シゼンガク : セイブツ タヨウセイ オ カンガエル
書名別名 生物多様性を考える
シリーズ名 中公文庫 い128-1
出版元 中央公論新社
刊行年月 2018.2
ページ数 250p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-206549-9
NCID BB25729821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23020453
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想