「霊魂」を探して

鵜飼 秀徳【著】

電車の網棚への遺骨の置き去りが増えるなど、人々の霊魂観の薄れを感じさせるニュースが相次いでいる。宗教界に目を転じれば、明確な霊魂観を持つところもある一方で、霊魂が存在するのかしないのか答えられない教団もある。現代における日本人の霊魂観を探るため、著者は鎮魂の現場、土葬の風習が残る山村、各地に息衝くシャーマンなど、数々の「霊魂の現場」を訪ね歩いた。さらに、1335人の僧侶、20宗教団体への調査を敢行。ここに日本人の霊魂観が明らかになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代をさまよう霊魂(大都会に潜む怨霊伝説
  • 孤独死の現場で起きていること ほか)
  • 第2章 僧侶は霊魂を信じるのか(近代教育を受けた僧侶たち
  • 宗教法人の霊魂観)
  • 第3章 日本人の霊魂観(日本古来の「霊魂」の捉え方
  • 「浮かばれない魂」の行方)
  • 第4章 霊魂観が色濃く残る村落(土に葬る村落
  • 供養の現場での遭遇)
  • 第5章 現代のシャーマンたち(シャーマンは今もいるのか
  • シャーマン化する僧侶 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「霊魂」を探して
著作者等 鵜飼 秀徳
書名ヨミ レイコンヲサガシテ
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2018.2.22
ページ数 306p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-04-400193-3
NCID BB25711338
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想