ぼくはアスペルガー症候群  仕事と人間関係編

権田真吾 著

集中しすぎて指示を聞き逃す、思い込みで仕事をしてしまう、「だいたいでお願い」がわからない…アスペルガー本人がつづる体験談と障がいとの向き合い方。「アスペルガー症候群の特徴とは?」「職場や人間関係で困ることってどんなこと?」「アスペルガーの人と、どう接したらいい?」あなたの周りにいる"アスペルガー"と向き合うためのヒント、第2弾!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 会社勤めとアスペルガー(空気が読めない
  • 空間認知が苦手 ほか)
  • 第2章 会社での仕事の一幕(ホウレンソウのタイミング
  • 会議の準備 ほか)
  • 第3章 人間関係はむずかしい(対人関係の違和感
  • 秘書検定 ほか)
  • 第4章 これからの仕事とぼくの身近な人のこと(退職勧奨
  • 体の異変 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくはアスペルガー症候群
著作者等 権田 真吾
書名ヨミ ボク ワ アスペルガー ショウコウグン
巻冊次 仕事と人間関係編
出版元 彩図社
刊行年月 2018.3
ページ数 190p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-8013-0285-3
全国書誌番号
23014662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想