京都学派

菅原潤 著

「世界最高」を目ざした最高の知性は、なぜ「戦争協力者」へと墜ちたのか?西田幾多郎、田辺元、三木清、「京大四天王」…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ なぜ今、京都学派なのか
  • 第1章 それは東大から始まった-フェノロサから綱島梁川まで
  • 第2章 京都学派の成立-西田幾多郎と田辺元
  • 第3章 京都学派の展開-京大四天王の活躍と三木清
  • 第4章 戦後の京都学派と新京都学派-三宅剛一と上山春平
  • エピローグ 自文化礼賛を超えて-京都学派のポテンシャル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京都学派
著作者等 菅原 潤
書名ヨミ キョウト ガクハ
シリーズ名 講談社現代新書 2466
出版元 講談社
刊行年月 2018.2
ページ数 264p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288466-2
NCID BB25553689
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23016725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想