顔氏家訓

顔之推 [著] ; 林田愼之助 訳

王朝の興亡が繰り返された中国六朝時代末、一族流浪の困難を乗り越え、梁、北斉、北周、隋と四つの王朝に仕えた名門貴族の顔之推。彼が子孫のために書き残した『顔氏家訓』は、家族のあり方から子供の教育法、文章論、養生の心得、仕事に臨む姿勢、死をめぐる態度まで、人生のあらゆる局面で役立つ知恵に満ちている。中国古典の英知が現代語訳で甦る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序致篇
  • 教子篇
  • 兄弟篇
  • 後娶篇
  • 治家篇
  • 風操篇
  • 慕賢篇
  • 勉学篇
  • 文章篇
  • 名実篇〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 顔氏家訓
著作者等 林田 慎之助
顔 之推
林田 愼之助
書名ヨミ ガン シ カクン
書名別名 Gan shi kakun
シリーズ名 講談社学術文庫 2476
出版元 講談社
刊行年月 2018.2
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292477-1
NCID BB25522914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23019269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想