誰も教えてくれない真実の世界史講義  中世編

倉山満 著

十字軍、モンゴル帝国、応仁の乱…世界が殺戮に明け暮れた"暗黒の中世"において、日本は賢明な道を選んだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界史の正体と日本(菅原道真の決断・世界史を拒否する日本
  • 二つの帝国の一〇世紀 ほか)
  • 第2章 十字軍の爪痕(凶暴化するキリスト教とプレ十字軍
  • 十字軍の侵略 ほか)
  • 第3章 世界史を語る視点としての鎌倉幕府(世界最強モンゴル帝国vs北条時宗
  • 勝因は「神風」ではなかった ほか)
  • 第4章 暗黒の中世の終焉と室町幕府(十字軍の末路とヨーロッパ
  • モンゴル帝国の分割と東アジアの大変動 ほか)
  • 第5章 中世と近代のはざまで(近代を理解するための四つの視点
  • 世界最初の絶対主義、足利義教 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰も教えてくれない真実の世界史講義
著作者等 倉山 満
書名ヨミ ダレモ オシエテ クレナイ シンジツ ノ セカイシ コウギ
書名別名 Nobody Teaches Lecture on the True World History
巻冊次 中世編
出版元 PHP研究所
刊行年月 2018.2
ページ数 334p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-569-83890-8
NCID BB23367887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23013037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想