私の頭が正常であったなら

山白 朝子【著】

突然幽霊が見えるようになり日常を失った夫婦、首を失いながらも生き続ける奇妙な鶏、記憶を失くすことで未来予知をするカップル、書きたいものを失くしてしまった小説家、娘に対する愛情を失った母親、家族との思い出を失うことを恐れる男、元夫によって目の前で愛娘を亡くした女、そして事故で自らの命を失ってしまった少女。暗闇のなかにそっと灯りがともるような、おそろしくもうつくしい八つの"喪失"の物語。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 私の頭が正常であったなら
著作者等 山白 朝子
書名ヨミ ワタクシノアタマガセイジョウデアッタナラ
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2018.2.10
ページ数 246p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 978-4-04-106435-1
NCID BB26138401
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想