大学生のための国際経営論

岩谷昌樹 著

大学の講義科目「国際経営論」および国際経営をテーマとした演習で使用されるテキストとして作成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 企業のグローバル化とローカル化(経済と企業のグローバル化
  • グローバル化とローカル化の両立
  • ロングホーン企業のローカル化-ホンダを事例として
  • ショートホーン企業の跳躍
  • 機会のある場所への進出と内なる国際化の促進)
  • 2 国際経営者による企業再生(カルロス・ゴーンの日産復活へのコミットメント
  • マイケル・アイズナーによるディズニー・パストの継承
  • ハワード・シュルツのスターバックスにおける経験価値の創造)
  • 3 グローバルブランド企業の国際経営(「良い目標」を持った国際経営展開-イケアを事例として
  • コカ・コーラの国際経営戦略
  • ナイキの国際競争戦略)
  • 4 国際経営の新潮流と多国籍企業に関する理論的整理(新しい戦略的スペースとしてのBOPビジネス
  • 多国籍企業のFDIの特質と主要な理論
  • バックレーとカソン理論における多国籍企業像
  • バートレットとゴシャール理論における多国籍企業の組織能力)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大学生のための国際経営論
著作者等 岩谷 昌樹
書名ヨミ ダイガクセイ ノ タメ ノ コクサイ ケイエイロン
書名別名 INTERNATIONAL MANAGEMENT THEORY

Daigakusei no tame no kokusai keieiron
出版元 創成社
刊行年月 2018.2
ページ数 261p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7944-2516-4
NCID BB25500977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23015690
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想