叢書東アジアの近現代史  第4巻

木宮 正史【著】

朝鮮半島のナショナリズムとは何か!?日本の植民地支配から南北分断、北朝鮮優位から韓国優位へ!そして「対日」の歴史的展開とは?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ナショナリズムと朝鮮半島
  • 第2章 日本の植民地支配と朝鮮ナショナリズム(一八七五年〜一九四五年)
  • 第3章 冷戦体制下の分断・競争ナショナリズム:北朝鮮優位(一九四〇年代〜六〇年代)
  • 第4章 冷戦変容下の分断・競争ナショナリズム:韓国優位へ(一九七〇年代・八〇年代)
  • 第5章 ポスト冷戦下南北ナショナリズムの非対称性(一九九〇年代以後)
  • 第6章 中国の大国化と南北ナショナリズムの現在:南北の「用米」「用中」ナショナリズム
  • 第7章 朝鮮ナショナリズムと日本
  • 第8章 朝鮮半島の統一とナショナリズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 叢書東アジアの近現代史
著作者等 木宮 正史
書名ヨミ ソウショ ヒガシアジア ノ キンゲンダイシ
書名別名 ナショナリズムから見た韓国・北朝鮮近現代史
巻冊次 第4巻
出版元 講談社
刊行年月 2018.1
ページ数 307p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-220967-0
NCID BB25441867
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23012419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想