面白くて眠れなくなる宗教学

中村圭志 著

[目次]

  • 1 宗教と宗教学(宗教と宗教学-信仰と学問の立場の違いをはっきりさせました。
  • 宗教学の歴史-宗教学は学際的な学問です。
  • 聖と俗-宗教の多くは日常性をこえた「聖」の存在を前提とします。 ほか)
  • 2 世界の宗教(八つの宗教-世界の大宗教は中東、インド、東アジアに生まれました。
  • ユダヤ教-ユダヤ教はキリスト教やイスラム教の母胎となった重要な一神教的伝説です。
  • キリスト教-開祖イエス・キリストを神と仰ぎ、その愛の教えを実践します。 ほか)
  • 3 宗教学から見えてくること(アニミズム-宗教の基層には霊魂の信仰があると言われています。
  • シャマニズム-日本の宗教は伝統的に憑依する霊能者の影響力が強いとされています。
  • 神話-物事の起源を表す太古の物語を神話といいます。 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 面白くて眠れなくなる宗教学
著作者等 中村 圭志
書名ヨミ オモシロクテ ネムレナク ナル シュウキョウガク
書名別名 Omoshirokute nemurenaku naru shukyogaku
出版元 PHPエディターズ・グループ
PHP研究所
刊行年月 2018.2
ページ数 241p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-569-83752-9
NCID BB25568529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23011623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想