読鉄全書

池内紀, 松本典久 編

「読む」鉄道ゆき。決定的名作と書き下ろしでたどる、50編の鉄道の旅。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 乗るたのしみ(過ぎゆくもの-SL挽歌(谷川俊太郎)
  • 房総鼻眼鏡-房総阿房列車(内田百〓(けん)) ほか)
  • 2 鉄道に生きる(急行列車(室生犀星)
  • 指導物語-或る国鉄機関士の述懐(上田廣) ほか)
  • 3 鉄道でみつけたもの(晩夏(木下夕爾)
  • みなかみ紀行(若山牧水) ほか)
  • 4 旅と人生(帰郷(萩原朔太郎)
  • 蜜柑(芥川龍之介) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読鉄全書
著作者等 松本 典久
池内 紀
書名ヨミ ヨミテツ ゼンショ
出版元 東京書籍
刊行年月 2018.2
ページ数 477p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-487-81088-8
NCID BB25623252
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23006066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
さらば横川の釜めし弁当 五木寛之
にせ車掌の記・食堂車の思い出 阿川弘之
へんな「鉄道好き」 南伸坊
みなかみ紀行 若山 牧水
わたしの名車たち 実相寺昭雄
シベリア鉄道の旅 松本 典久
ヤドカリ 内山節
ワゴンの裏側で 徳淵真利子
中野のライオン 向田 邦子
古川ロッパ昭和日記 古川ロッパ
喜望峰からヴィクトリアの滝へセシル・ローズの足跡を追って鉄道で旅する 土屋守
夏の終わる駅 伊集院静
夜のしじまの中で聞いた夏の汽笛 沢野ひとし
夢の山岳鉄道 宮脇俊三
娼婦たちと野郎ども 沢木耕太郎
安全柵の内側で 玉村豊男
専用鉄道の記憶 松本 典久
房総鼻眼鏡 内田百間, 内田百閒
指導物語 上田廣
新幹線にて 伊丹十三
日本の近代化とともにあった鉄道 今尾恵介
映画に描かれた東京と電車 片岡義男
機関車随想 堀内敬三
汽車は永遠に岡山に着かない 関川夏央
汽車旅の酒 吉田健一
油断もスキもない列車 土屋守
特急さくら西へ! 竹島紀元
狙われる列車・絶たれた鉄路 原武史
菜の花電車 藤原新也
蜜柑 芥川 竜之介
親不知、子不知 深田久弥
豊前香春 池内 紀
酔漢 小林秀雄
鉄道に潜む見えない調和 川辺謙一
鉄道をデザインする 水戸岡鋭治
幸田文
高原の軽便鉄道と文学者たち 堀内ぶりる
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想