岳飛伝  15

北方謙三 著

狙うは、岳飛の首。しばらくの間、人夫となって潜伏していた南宋の程雲は、ついに岳飛に奇襲をかけた。岳飛は重傷を負い辛くも一命を取り留めたが、その際、程雲も負傷。そして岳飛と呼応し東進する秦容軍は快進撃を続けていた。梁山泊軍の呼延凌は、金軍との全軍対決に向け、準備を整えつつあった。一方、南宋で秦桧の病が深刻な事態となっていた-。三つ巴の最終決戦前夜、機略縦横の第十五巻。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 岳飛伝
著作者等 北方 謙三
書名ヨミ ガク ヒ デン
書名別名 照影の章

Gaku hi den
シリーズ名 集英社文庫 き3-98
巻冊次 15
出版元 集英社
刊行年月 2018.1
ページ数 395p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-745687-5
全国書誌番号
23002394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想