イスラーム主義

末近浩太 著

「アラブの春」をきっかけに、長い封印から解き放たれた政治と宗教の関係という「古くて新しい問い」。その答えの一つが、イスラームの教えを政治に反映させようとするイスラーム主義だった。オスマン帝国崩壊後の「あるべき秩序」の模索が今も続く中東で、イスラーム主義が果たしてきた役割とは。その実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イスラーム主義とは何か
  • 第2章 長い帝国崩壊の過程
  • 第3章 イスラーム主義の誕生
  • 第4章 イスラーム主義運動の登場
  • 第5章 イラン・イスラーム革命の衝撃
  • 第6章 ジハード主義者の系譜
  • 第7章 イスラーム主義政権の盛衰
  • 終章 もう一つの近代を構想する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラーム主義
著作者等 末近 浩太
書名ヨミ イスラーム シュギ : モウ ヒトツ ノ キンダイ オ コウソウ スル
書名別名 もう一つの近代を構想する

Isuramu shugi
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1698
出版元 岩波書店
刊行年月 2018.1
ページ数 222,12p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431698-5
NCID BB25314702
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23017600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想