三国志名言集

井波律子 著

『三国志演義』は乱世を生き抜く智恵の言葉の宝庫。波瀾万丈の物語にちりばめられた名言・名句を一六〇項目選び出し、本文(原文・読み下し文・現代語訳)を掲げ、解説を付す。本文の調子の高さ、響きの楽しさに、思わず声に出して読みたくなる!三国志ファン必携、三国志初心者も楽しめる一冊。情景を彷彿させる挿絵も多数おさめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 乱世の開幕-得て何ぞ喜ぶに足らん、失いて何ぞ憂うるに足らん
  • 2 華北に覇を争う-忠言は耳に逆らう
  • 3 赤壁の決戦-酒に対いて当に歌うべし。人生幾何ぞ
  • 4 三国鼎立の時代-既に隴を得て、復た蜀を望まんや
  • 5 英雄たちの退場-竹は焚く可くも、其の節を毀つ可からず
  • 6 天下ふたたび一統-天数茫茫逃がる可からず

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三国志名言集
著作者等 井波 律子
書名ヨミ サンゴクシ メイゲンシュウ
シリーズ名 三国志演義 296
文芸 296
岩波現代文庫 296
出版元 岩波書店
刊行年月 2018.1
ページ数 418,40p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602296-9
NCID BB25301868
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23009486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想