キトラ・高松塚古墳の星宿図

泉武 著

キトラ古墳や高松塚古墳の星宿図はなぜ描かれたのか。天武王権の成立事情やその後の政治過程など歴史的背景を丹念に検証。さらに中国・朝鮮半島事例との比較、画題や顔料の分析等も踏まえ、その成立の謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 天武天皇と天命思想(天命思想導入の背景-壬申の乱と簒奪王権の正当化
  • 古代中国の宇宙観と天
  • 天武天皇の皇位の正当性と天命思想)
  • 第2部 壁画古墳の成立(キトラ・高松塚古墳の天文図
  • 中国壁画墓に描かれた天文図
  • 高句麗壁画古墳に描かれた天文図
  • キトラ・高松塚壁画の統一的理解
  • 飛鳥南西部の葬地と野口王墓古墳)
  • 付論 壁画の顔料・漆喰の産地推定

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キトラ・高松塚古墳の星宿図
著作者等 泉 武
書名ヨミ キトラ タカマツズカ コフン ノ セイシュクズ
書名別名 Kitora takamatsuzuka kofun no seishukuzu
シリーズ名 ものが語る歴史 37
出版元 同成社
刊行年月 2018.1
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88621-778-3
NCID BB25299573
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23018232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想