東京大学が文京区になかったら

伊藤毅 企画監修

東京23区の中心近くにある文京区。いまや全国きっての文教地区として知られるこのまちは、いかにつくられたのか。江戸時代には武家地だったこの地域が変わったのは、たまたま「東京大学」が設立されたからではないか?-この仮説を、文京区生まれの歴史家と、建築史の研究者が検証。さらに近郊農村との関係、出版印刷業の発展、東京ドーム付近にあった「砲兵工廠」など、「文京区のなりたち」を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 もし東京大学が文京区になかったら(さまざまな偶然で本郷が選ばれた
  • 最初の学校集積地-一ツ橋通町周辺と湯島)
  • 第2章 もし砲兵工廠が小石川になかったら(武器工場から野球場へ、そして…
  • 砲兵工廠から後楽園スタヂアムへ(明治期を中心に)
  • 印刷製本業の発展と労働者住宅地(大正・昭和期を中心に))
  • 第3章 近郊農村地帯としての小石川・本郷(野菜と肥料のエコシステム
  • 台地に埋め込まれた穴-本郷・湯島の麹室と小石川・白山の地下抗
  • 江戸近郊における蔬菜栽培
  • 青物市場の成立
  • 湯島・本郷・小石川への食糧・食材の供給)
  • 第4章 武家地の変遷と山の手住宅地の誕生(都市の中身がころっと変わった
  • 江戸から東京への移行と桑茶令-白山における牧啓次郎の桑栽培
  • 関口台地の崖と水-集積された近代庭園と邸宅
  • 「空中都市」の形成と変容)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京大学が文京区になかったら
著作者等 伊藤 毅
初田 香成
樺山 紘一
書名ヨミ トウキョウ ダイガク ガ ブンキョウク ニ ナカッタラ : ブンカ ノ マチ ワ イカニ ウマレタカ
書名別名 「文化のまち」はいかに生まれたか
出版元 NTT
刊行年月 2018.1
ページ数 214p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7571-4344-9
NCID BB25461401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23013239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想