ロシアの対日政策  下

斎藤元秀 著

北方領土政策を方向づけるものとは何か?新生ロシア誕生から現在までの対日政策の検証から、超大国ロシアの領土・経済・エネルギー政策を貫くものを探り、今後の方向性を提示する意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第8章 「弱いロシア」とエリツィンの対日接近政策
  • 第9章 「強いロシア」の復活とプーチンの対日実利外交
  • 第10章 タンデム政権の対日政策-ロシア経済近代化と北方領土問題の相克
  • 第11章 ウクライナ危機後のプーチン政権の対日政策-接近と牽制
  • 第12章 広義の文脈におけるロシアの対日政策
  • 終章 総括と今後の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロシアの対日政策
著作者等 齋藤 元秀
斎藤 元秀
書名ヨミ ロシア ノ タイニチ セイサク
書名別名 新生ロシアからプーチンまで
巻冊次
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2018.1
ページ数 342p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-2425-6
NCID BB25370102
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23005342
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想