将棋推理迷宮の対局

山前譲 編

江戸川乱歩はミステリーを「犯罪に関する難解な秘密が、論理的に、徐蕨に解かれて行く径路の面白さを主眼とする文学」と定義した。これはまさに相手の駒の動きを予測し、理詰めで解き明かす将棋の勝負と類似している。事実、推理作家には将棋好きが少なくなく、題材にした作品も数多い。本書は文壇の実力派たちによる白熱の名人戦九局を収めた傑作アンソロジー!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 将棋推理迷宮の対局
著作者等 山前 譲
書名ヨミ ショウギ スイリ メイキュウ ノ タイキョク : ケッサク ミステリーシュウ
書名別名 傑作ミステリー集
シリーズ名 光文社文庫 や22-7
出版元 光文社
刊行年月 2018.1
ページ数 381p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-77589-6
全国書誌番号
22997962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想