感情労働としての看護

パム・スミス 著 ; 武井麻子, 前田泰樹 監訳

患者は痛かったり、苦しかったり、淋しかったり、怖かったり、焦ったりしていて、それを何とかしてほしいと思っているのです。確かに教科書には、疾患のことが詳しく記述されていますが、個々の患者が何を思い、どのような助けを必要としているかは、当人でなければ分かりません。いえ、当人ですら、分からないときがあります。そこで、患者はときに看護婦の理解を越えた反応を示します。しかも、より深刻な問題は、そうした患者の精神的な不安定さではなく、そうした患者に手を焼く看護婦自身の精神状態にあるのです。そんなとき、ホックシールドの感情労働という概念に出会ったのです。…感情労働としての看護について理解するのは、一つには看護婦自身のメンタルヘルスのためでもありますが、もっと大事なのは、それによって患者の理解が深まり、ケアの質も高まるということです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 世間の水につかる-ケアを担う看護婦を選抜し、テストし、そして期待する
  • 第3章 ケアについてはまったく何も語られない-看護の知の定義づけ
  • 第4章 患者の具合の悪いところから学ぶ-看護の仕事の定義づけ
  • 第5章 病棟婦長と感情ワークの基礎構造-病棟での感情ワークを目にみえるものにすること
  • 第6章 病院で死ぬこと-究極の感情労働
  • 第7章 ケアリングの軌跡-ケアリングのスタイルと能力の時間にともなう変化
  • 第8章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感情労働としての看護
著作者等 Smith, Pam
三井 さよ
前田 泰樹
安藤 太郎
武井 麻子
スミス パム
書名ヨミ カンジョウ ロウドウ ト シテノ カンゴ
書名別名 The emotional labour of nursing

Kanjo rodo to shiteno kango
出版元 ゆみる
刊行年月 2000.12
ページ数 289, 9p
大きさ 19cm
ISBN 4946509232
NCID BA50425876
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20206695
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想