現代日本語訳空海の秘蔵宝鑰

正木晃 著

欲望に支配された心は、道徳・宗教に目覚め、小乗から法相・三論・天台・華厳を経て、最高の密教の教えへと至る。弘法大師の説いた十段階の心の世界"十住心"を完全現代語訳。予備知識なしで誰でも読める、きわめて平易な訳文。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 秘蔵宝鑰 現代語訳(性欲と食欲のみに支配された最悪の段階(異生羝羊心)
  • 愚かな心にわずかながら善の心が芽生えた段階(愚童持斎心)
  • 神をあがめて一時的な安心を得た段階(嬰童無畏心)
  • 自我は実在していないと見抜いた段階(唯蘊無我心)
  • 因縁を理解し根源的な無知をとりのぞいた段階(抜業因種心) ほか)
  • 第2部 解説(書かれた目的と時期
  • 全体の構成
  • 儒教との関係
  • 後世への影響)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本語訳空海の秘蔵宝鑰
著作者等 正木 晃
書名ヨミ ゲンダイ ニホンゴヤク クウカイ ノ ヒゾウ ホウヤク
書名別名 Gendai nihongoyaku kukai no hizo hoyaku
シリーズ名 秘蔵宝鑰
出版元 春秋社
刊行年月 2017.12
ページ数 268p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-393-11345-5
NCID BB25452025
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
23000389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想