目に見えない世界を歩く

広瀬浩二郎 著

「全盲」から考える社会、文化、人間。目が見えないからこそ見える世界とは。目が見えない人は、目に見えない世界を知っている-。障害当事者という立場から盲人史研究に取り組み、現在は独自の"触文化論"を展開する文化人類学者がその半生と研究の最前線を綴る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 架空対談「目が見えない世界を生きる」
  • 第1章 目が見えない人は、目に見えない世界を知っている
  • 第2章 "触常者"という立場
  • 第3章 盲人史研究から「さわる文化」論へ
  • 第4章 ある当事者団体の挑戦
  • 第5章 触る感動、動く触感
  • 第6章 「触識」のすすめ
  • 第7章 触角人間になろう!
  • 終章 「ユニバーサル・ツーリズム」とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 目に見えない世界を歩く
著作者等 広瀬 浩二郎
書名ヨミ メ ニ ミエナイ セカイ オ アルク : ゼンモウ ノ フィールドワーク
書名別名 「全盲」のフィールドワーク

Me ni mienai sekai o aruku
シリーズ名 平凡社新書 862
出版元 平凡社
刊行年月 2017.12
ページ数 259p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85862-4
NCID BB25147666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22994441
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想