ジャーナリズム曠野紀行 : 1980~2000どんな時代だったか

伊藤光彦 著

私たちは時代の曠野を迷い歩いてきた。時代のあまりにも大きな嵐に出会って、行き暮れている。しかし、今ならどこで最初に道を間違えたかが、よくわかる。20世紀のどん詰まりの今日は、「古い」出来事の積み重ねの上にあり、古きを訊ねる作業により初めてそれを実証し得るのだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 歴史の闇の中で-予感できなかった予感(戦争の罪責-日独の比較にならない比較 1990年
  • NATO40年目の亀裂-西独に高まる非核願望 1988年
  • 西ドイツ・危機の中から新たな活力 1982年 ほか)
  • 2 ドイツの激流-漂う眼の残像(激動する東ドイツの明日は-政治に習熟した国民が選ぶ歴史の「行き先」 1989年90年の東欧・激しく動く新政治勢力-西側は沈静化待つ寛容さを 1990年
  • 宴のあとの「ドイツ問題」-「壁」を消滅させたドイツ人が辿る道とは 1990年 ほか)
  • 3 ヨーロッパ不案内路-ロンドンから観察する(日本「産業空洞化」の裏側-英国で何が起きているか 1987年
  • ヨーロッパから見た日本-両文明圏の相互理解のために 1987年
  • ヨーロッパ人の安全保障観 1987年 ほか)
  • 4 政治文化論の試み-新たなイメージからの出発(新しい故郷の創造を-21世紀への提案 1982年
  • 大上段でなく、意志をもって-国際報道の新局面と可能性 1990年
  • ラジカルな議論を恐れない精神-戦後ドイツにおける政治教育 1994年 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャーナリズム曠野紀行 : 1980~2000どんな時代だったか
著作者等 伊藤 光彦
書名ヨミ ジャーナリズム コウヤ キコウ : 1980 2000 ドンナ ジダイ ダッタカ
出版元 明窓
刊行年月 2000.12
ページ数 367p
大きさ 19cm
ISBN 4896340574
NCID BA50969841
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20208072
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想