悪の指導者(リーダー)論

山内昌之, 佐藤優 著

長老派の信者ゆえに神に選ばれたと思い、わが道を突き進むトランプ。兄を粛清し、核実験で世界を脅かす金正恩。かつての盟友・メドベージェフ失墜の糸を引くプーチン。オスマン帝国への憧憬を持ち、大統領の権限を強化したトルコのエルドアン。低学歴のコンプレックスを抱きながらもイランの最高指導者となったハメネイ。世界を見渡せば国家指導者は独裁的な人物ばかり。「知の巨人」二人が首脳たちの「闇」と国際情勢の「裏側」を語り尽くす!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ミサイルパニックの何が問題か
  • 第1章 歴史の「必然」が生んだ大統領 ドナルド・トランプ(アメリカ)
  • 第2章 祖父と父の呪縛をはねのけた指導者 金正恩(北朝鮮)
  • 第3章 歴史家にして希代の語り手 ウラジーミル・プーチン(ロシア)
  • 第4章 軍を排除する男 レジェップ・タイイップ・エルドアン(トルコ)、終身最高指導者 アリー・ハメネイ(イラン)
  • 終章 核を持つ北朝鮮と日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 悪の指導者(リーダー)論
著作者等 佐藤 優
山内 昌之
書名ヨミ アク ノ リーダーロン
書名別名 悪の指導者論
シリーズ名 小学館新書 310
出版元 小学館
刊行年月 2017.12
ページ数 286p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-09-825310-4
NCID BB25386984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22988809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想