山の怪異譚

山の怪と民俗研究会 編

日本人は古来、山という他界を怖れ、おびえ、またそこに郷愁を感じてもいた。死と隣り合う岳人の神秘体験、作家の感性が出遭う実話怪異譚、民俗の古層の心意がよぶ魔の世界。究極の怪異アンソロジー。全25話。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山の怪異譚
著作者等 山の怪と民俗研究会
書名ヨミ ヤマ ノ カイイタン
出版元 河出書房新社
刊行年月 2017.11
ページ数 188p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-22715-3
NCID BB25519589
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22988419
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ある短い冬の旅 辻 まこと
むじな話 野尻 抱影
ヒダル神のこと 高須茂
ブロッケンの妖異 新田 次郎
一眼一足の怪 柳田 国男
三原山紀行 田中 貢太郎
不思議な縁女の話 佐々木 喜善
土小屋の夜 畦地 梅太郎
天狗の正体 岩科 小一郎
奥会津檜枝岐怪異譚 石川 純一郎
山の幻影 石井 鶴三
山へ登る少年 阿刀田 高
常識 小泉 八雲, 田部 隆次
幻の山小屋. 1 青柳健
忌み山 高橋 文太郎
怪談「八ガ岳」 片山 英一
木曽の旅人 岡本 綺堂
横尾谷岩小屋の怪 深沢 正二
観画談 幸田 露伴
谷川岳一ノ倉沢の怪 碓井 徳蔵
遭難者のいる谷間 西丸 震哉
雪中の幽霊 鈴木 牧之
霊山の話 加門 七海
高原 芥川 龍之介
鳥海湖畔の怪 畠中 善哉
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想