人文死生学宣言

渡辺恒夫, 三浦俊彦, 新山喜嗣 編著

死にゆく他者を見守り支援するばかりだったこれまでの死生学を超え、人間最大の難問たる「一人称の死」を、哲学や人類学など人文学の知によって探究。高齢化社会で誰もが長い時間向きあわねばならない自らの死を徹底的に思索する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 入門篇 人文死生学への招待(「死一般」ではなく「私の死」を謎として自覚するための実験実習
  • われわれは死を克服することが可能なのだろうか-「死への準備教育」と「スピリチュアルケア」への疑問
  • 他界体験と仮想現実)
  • 2 各論篇 死と他者の形而上学("他者"とは時間を異にした"私"なのか-現象学で幼少期の体験を解明して遠望される死生観
  • ナーガールジュナから構想する生と死のメタフィジックス
  • 自分の死としての非在-個体と可能世界
  • 一人称の死-渡辺、重久、新山への批判)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人文死生学宣言
著作者等 三浦 俊彦
新山 喜嗣
渡辺 恒夫
蛭川 立
重久 俊夫
書名ヨミ ジンブン シセイガク センゲン : ワタクシ ノ シ ノ ナゾ
書名別名 The Enigma of My Own Death:Thanatology as Humanities

The Enigma of My Own Death:Thanatology as Humanities : 私の死の謎

Jinbun shiseigaku sengen
出版元 春秋社
刊行年月 2017.11
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-33362-4
NCID BB2509928X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22986428
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想