遺言。

養老孟司 著

動物とヒトの違いはなにか?私たちヒトの意識と感覚に関する思索-それは人間関係やデジタル社会での息苦しさから解放される道にもなる。「考え方ひとつで人生はしのぎやすくなりますよ」、そう著者は優しく伝える。ひと冬籠って書きあげた、25年ぶりの完全書き下ろしとなる本書は、50年後も読まれているにちがいない。知的刺激に満ちた、このうえなく明るく面白い「遺言」の誕生!80歳の叡智がここに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 動物は言葉をどう聞くか
  • 2章 意味のないものにはどういう意味があるか
  • 3章 ヒトはなぜイコールを理解したのか
  • 4章 乱暴なものいいはなぜ増えるのか
  • 5章 「同じ」はどこから来たか
  • 6章 意識はそんなに偉いのか
  • 7章 ヒトはなぜアートを求めるのか
  • 8章 社会はなぜデジタル化するのか
  • 9章 変わるものと変わらないものをどう考えるか
  • 終章 デジタルは死なない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺言。
著作者等 養老 孟司
書名ヨミ ユイゴン
シリーズ名 新潮新書 740
出版元 新潮社
刊行年月 2017.11
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610740-5
NCID BB24896668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22980407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想