なぜ私たちは生きているのか

佐藤優, 高橋巖 著

神なき時代、人間のエゴと欲望は肥大化し、それは私たちの生きづらさを引き起こしている。国家・資本・宗教を切り口に、物質世界のなかで精神生活の重要性を説くシュタイナー人智学の第一人者高橋巖と、キリスト教神学と現代社会を取り結ぶ著作活動をつづける佐藤優が、世界のあり方を問い直す。「見える世界」と「見えない世界」の結びつきに光をあて、いま、ここに生きる意味を探る一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 国家-一人ひとりの時間と空間の共同体(道半ばを歩く者として
  • 見えるものと見えないもの
  • キリスト教はオカルト? ほか)
  • 2 資本-お金と働くこと(資本主義の男性原理と女性原理
  • お金がすべて?
  • プロテスタンティズムと資本主義は関係ない ほか)
  • 3 宗教-善と悪のはざまで(現代人は悪に鈍感
  • 善と悪のはざまで生きる
  • 悪はどこから入りどこから去っていくのか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ私たちは生きているのか
著作者等 佐藤 優
高橋 巌
高橋 巖
書名ヨミ ナゼ ワタクシタチ ワ イキテ イル ノカ : シュタイナー ジンチガク ト キリストキョウ シンガク ノ タイワ
書名別名 シュタイナー人智学とキリスト教神学の対話
シリーズ名 平凡社新書 858
出版元 平凡社
刊行年月 2017.11
ページ数 197p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85858-7
NCID BB24896293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22979057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想