九紋龍

今村翔吾 著

火事を起こし、その隙に皆殺しの押し込みを働く盗賊千羽一家が江戸に入った。その報を受け、新庄藩火消通称"ぼろ鳶"組頭・松永源吾は火付けを止めるべく奔走する。だが藩主の親戚・戸沢正親が現れ、火消の削減を宣言。一方現場では九頭の龍を躰に刻み、町火消最強と恐れられる「に組」頭"九紋龍"が乱入、大混乱に陥っていた。絶対的な危機に、ぼろ鳶組の命運は!?啓文堂書店時代小説文庫大賞第1位シリーズ続刊。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 九紋龍
著作者等 今村 翔吾
書名ヨミ クモンリュウ
シリーズ名 羽州ぼろ鳶組 3
祥伝社文庫 3
出版元 祥伝社
刊行年月 2017.11
ページ数 404p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-396-34375-0
NCID BB25116549
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22974536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想