エイジ・オブ・アクセス

ジェレミー・リフキン 著 ; 渡辺康雄 訳

次々と文化を消費する移ろいやすい世界に、軽やかに適応していく者たちは誰か。モノを所有するのではなく、様々なサービスを享受するための「アクセス権」にこだわる先進各国の若者、企業、行政、家庭などの姿を通じて、21世紀に大きく広がるであろうハイパー資本主義の全てを解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 次なる資本家が生まれつつある(アクセスの時代への突入
  • ネットワークが市場に取って代わるとき
  • 無重量の経済
  • アイデアの独占
  • サービスならざるものなし
  • 人間関係の商品化
  • 生き様としてのアクセス)
  • 第2部 文化的共有財産の囲い込み(資本主義の新文化
  • 文化景観の発掘
  • ポストモダンの段階
  • つながった者とつながっていない者と
  • 文化と資本主義のエコロジーに向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エイジ・オブ・アクセス
著作者等 Rifkin, Jeremy
渡辺 康雄
リフキン ジェレミー
書名ヨミ エイジ オブ アクセス
書名別名 The age of access

Eiji obu akusesu
出版元 集英社
刊行年月 2001.9
ページ数 389p
大きさ 20cm
ISBN 4087733416
NCID BA53732011
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20202374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想